更新履歴

▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、
久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます
現在の閲覧者数:

2013-03-  ] 

陽炎の桜 3

[ 陽炎の桜]

2013.03.27 (Wed)

 家に戻ったのは日付が変わった頃だった。酔っ払った浦川のしつこい誘いを遣り過ごすのにどうにか骨が折れた。 仕事場と住居を兼ねた俺の住む家は中京区にある。河原町や祇園に近い場所で何かと便利だし、何よりざわめきやネオンの染みるような光に紛れている方がいい。「どうぞ、上がって」 陽彦はゆっくり頷いて中に入った。廊下に並べた下絵に眼を留めて彼は言う。「コレ、君が描いたの?」「取り敢えずはね。全然……師匠の脚...全文を読む

PageTop▲


陽炎の桜 2

[ 陽炎の桜]

2013.03.22 (Fri)

 いきなり傍若無人な音を立てて襖が開いた。そっちに一瞥をくれると、吉崎組筆頭若頭・浦川義孝が立っている。――この男が俺を呼び出すのは、どうせ毎度のアレだろう。「よう、泉川。元気しとるか」 『泉川祐一郎(いずみかわ・ゆういちろう)』というのが俺の名前だ。殆ど近しい人間しかこの名前を知らない。弟分のトキがこの固有名詞を知っているかどうかだって果たして怪しい。それに彫師という稼業の所為もあって、今では屋号の...全文を読む

PageTop▲


拍手落描き追加しますた

[ 落描き]

2013.03.22 (Fri)

どーもどーも大同門、永原明日華でございます久しぶり……というか丁度1年ぶりにタイトル通りです取り敢えずこちらからの言葉としては『 背 後 注 意 !!』ということでしょうかwだって肌色の世界だもんwwwいや、これ仕事中に描きたくなって。帰ってから↓を参考にして衝動に任せてガガガガガガガガッとやったもんなんですよtkアヘ顔描いたことないよまいっかってなもんで取り敢えず###tんkはハーイされますた###でいこうかねーとい...全文を読む

PageTop▲


陽炎の桜 1

[ 陽炎の桜]

2013.03.18 (Mon)

 あれは、やたらと暑い日のことだった。 俺は、祇園祭の宵宮の喧噪の中を流されるように彷徨っていた。 眩暈のような西日が照らす四条河原町の交叉点。弟分のトキの止まらない饒舌さに相槌を打つのにもいい加減うんざりして、思わず道路の向こうに眼を遣った。 遠目に映った丸井の正面玄関の前に、独りの男がいた。それだけなら何も思うことなく遣り過ごしていただろう。――けれど、俺は彼だと確信した。 焦れる間もなく信号が...全文を読む

PageTop▲


お久しぶりでございやす

[ 諸雑記]

2013.03.11 (Mon)

どーもどーも大同門、永原明日華でございます更新が進まなくて本当にごめんなさいその代わりと言っちゃ何なんですが、一応告知をば致したいと思う次第でございましてですね、ええ『楽園~a Paradise』第2弾……出しちゃいますはい一応話の流れとしてはact.4~6を予定しています話をずっとテキストエディタで作っていたのでそれをwordに移植したのはいいんですよ体裁が取れないというかgdgdになってしまっていて(いらんところで1行空...全文を読む

PageTop▲


前-     2013-03-     翌- 

更新履歴カレンダー

02 <<│2013/03│>> 04
-
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

-・を選んでクリックすると
更新履歴が表示されます。